留学情報 > 留学費用節約術

留学サービス


留学費用節約術

滞在先での節約

 滞在先の費用は留学生活において非常に大きな金額になります。できるだけこの部分は節約したいところです。節約術のお勧めとしてはまずは現地に慣れるまで、2ヶ月くらいホームステイ、寮のシェアルームにして、その間にシェアアパートなどを探し、移動することがお勧めです。
  シェアアパートで生活することにより、時には半分近く節約することができることもあります。

授業料について

 よく格安で留学したいのですが、できるだけ安い学校を紹介していただけますか?という質問をいただきます。しかし、授業料が安い語学学校はどうしてもそれなりの質になってしまうことが多いです。
  英語を勉強するためでなく、現地に行くことに目的を持っている方ならば、学校は気にする必要はありませんが、しっかりと勉強し、英語力をつけたいかたはできるだけここの部分は節約せずに他の部分で節約することをお勧めいたします。 しかし、学校によっては授業料が高いのに日本人ばかりしかいない学校などもあります。

食事での節約

 食事も大きく節約できるポイントですね。やはり外食ばかりしていては非常にお金がかかってしまいます。特に物価の高い地域ではなおさらですね。節約するにはできるだけ自炊することをお勧めいたします。日本より物価の高い地域でも普通にスーパーで買い物をし、自炊すればそれほどお金はかかりません。日本では高いイメージのものでも海外では安いことも多々あり、これも勉強ですね。毎日外食することを考えるとこの部分は大きいです。

出発、帰国時期について

 GW,夏休み、年末年始などは航空券が非常に高いです。この時期しかお休みの取れない方は仕方がありませんが、できるだけ航空券が安い時期に出発、帰国することがお勧めです。

日本への帰国

 海外に留学してもよく日本に帰国される方もいます。やはり親が心配したり恋人に会いたくなったりなどあるかと思いますが、日本に帰国せず現地で生活することにより節約もできますし、英語力も伸びると思われます。

為替相場について

 日本で生活していると為替の相場を気にしたことなどない方もいるかもしれませんが、留学前、そして留学中は毎日のように気になってしまうのが為替です。
1円違うだけで大きく違ってきますので、円高のときにまとめて海外通過にするなど工夫することにより大きく節約ができます。

電話料金

 現地での電話料金、日本への国際電話と電話代金は意外にかかるものです。しかし、ここの部分でも節約が可能です。海外から日本に電話をするときは留学生は通常現地でプリペードカードを購入いたします。
プリペードカードによっても1円あたりの日本へかける時間数が違ってきますので、ご注意ください。現地では携帯電話を持つ方も多いですが、プリペード式のものと現地の人と同じプランの携帯とどちらがお徳は滞在期間などによって異なります。

footshadow